求められる家庭教師

どのような目的で家庭教師を依頼するかはその生徒保護者によりさまざまですが、例えば成績を上げたい、志望校に合格したいと言った学習面の希望が多いでしょう。それだけであれば学習塾や個別指導塾へ通っても、学ぶことはできます。しかし、勉強を教えるだけではなく、生徒の目標になることや勉強へのモチベーションを高めることを希望して、家庭教師を選んでいるケースも少なくありません。


このようなあらゆる希望を持って生徒や保護者が家庭教師を求めるため、家庭教師自身もいろいろな魅力を備えている方が人気を集め、授業数も増えていきます。したがって家庭教師として働く時は、塾などとの違いを十分把握しておくことをおすすめします。


では、塾などとの違いを具体的に上げると、生徒の進度に合わせて学習を進めるという点があります。たとえば現在の学年に限らず、つまずいたところから順に学習します。なかなか先生に質問へ行けないような生徒も、家庭教師とマンツーマンであればいつもすぐそばにいるため質問しやすくなっていくでしょう。


また、保護者も自宅にいれば毎回家庭教師と顔を合わせられるため、どのような状況で学習を進めているか生徒との関係などについて話を聞いて把握できるメリットもあります。このように、学習面だけではない要素も求める時、家庭教師が選ばれると言えます。