個人で経営

家庭教師の派遣会社へ登録せず、自分が経営者となり家庭教師を行う方法もあります。この場合、初めから家庭教師を個人で行うよりもまず派遣会社へ登録して経験をある程度積んでから独立した方が、仕事を進めるノウハウが身についているためスムーズでしょう。または、塾で講師として働いた経験がある場合も役に立ちます。


個人で家庭教師を行う場合には、派遣会社が行っている内容を自分で取り組む必要があるため、中でも生徒をどうやって見つけるかは重要なポイントになります。そのために宣伝チラシを出したりホームページを制作したり、興味を持ってくれそうなところへ営業をかけることも必要でしょう。ちなみに宣伝については、これまで社会経験があると取り組みやすいですが、広告の仕方は書籍なども多数出ているため独学し実践することも可能です。もしくはチラシ制作会社に依頼すると費用はかかりますが、言いたいことを分かりやすく伝えるチラシを期待できます。


それから、個人で家庭教師となり生徒をとる場合、人気があることも大切なポイントです。人気が出るには評判が良いことや良い口コミが必要で、そのためには受け持った生徒が求めた実績を上げることが近道です。可能であれば生徒の体験談や喜びの声を掲載し、たくさんの実績を上げているとアピールすると良いでしょう。